CLOSE
Home | Login | Groupware
Language
  •  Korean
  •  English
  •  Chinese
  •  Japanese
About us
常に無限の可能性に挑戦しています。

会社概要

サンアフロンテックは、スーパーエンジニアリングプラスチックの核心源泉技術を保有しており
関連産業の製品の生産に必要なさまざまな独自の加工技術を保有しています。
先端産業化、自律走行、自動車の電装化、新再生エネルギーの拡大など、現代の産業は、日々、革新的な機器と技術が発展しており、これと共に産業の成長の基盤となる優れた新素材の開発が進められています。スーパーエンジニアリングプラスチックは、その求めに答えとして、優れた耐薬品性、耐熱性、非粘着性、潤滑性、電気的特性を有し、これらの特性を利用して、半導体、電気・電子、自動車、航空宇宙、特殊素材産業まで幅広い分野で使用されています。 サンアフロンテックは、スーパーエンジニアリングプラスチックの核心基盤源泉技術を確保しており、成形、圧縮、押出成形、射出成形、プレス、コーティングなど、独自の加工技術を使用して、顧客が要求する最高の品質の製品を供給できるように最善の努力を尽くしています。 対顧客志向の体系化された技術、品質およびA/Sシステムを確保した企業 40年以上、国内外の最先端産業及び

会社概要

サンアフロンテックは、スーパーエンジニアリングプラスチックの核心源泉技術を保有しており関連産業の製品の生産に必要なさまざまな独自の加工技術を保有しています。 先端産業化、自律走行、自動車の電装化、新再生エネルギーの拡大など、現代の産業は、日々、革新的な機器と技術が発展しており、これと共に産業の成長の基盤となる優れた新素材の開発が進められています。スーパーエンジニアリングプラスチックは、その求めに答えとして、優れた耐薬品性、耐熱性、非粘着性、潤滑性、電気的特性を有し、これらの特性を利用して、半導体、電気・電子、自動車、航空宇宙、特殊素材産業まで幅広い分野で使用されています。 サンアフロンテックは、スーパーエンジニアリングプラスチックの核心基盤源泉技術を確保しており、成形、圧縮、押出成形、射出成形、プレス、コーティングなど、独自の加工技術を使用して、顧客が要求する最高の品質の製品を供給できるように最善の努力を尽くしています。 対顧客志向の体系化された技術、品質およびA/Sシステムを確保した企業 40年以上、国内外の最先端産業及び
対顧客志向の体系化された技術、品質およびA/Sシステムを確保した企業
40年以上、国内外の最先端産業及び
幅広い産業部門に製品を供給した
経験と技術を保有している企業
核心産業の高機能性製品を生産する
ために持続的な技術の向上と研究開
発に注力する企業
製品生産システムのほか
設備/金型の独自の設計と製作技術を
保有している企業
持続的な事業分野の拡大
と未来の成長動力を確保するために
準備する企業
スーパーエンジニアリングプラスチック
基盤 最先端素材/部品生産専門業者
サンアフロンテック
対顧客志向の体系化された技術、品質およびA/Sシステムを確保した企業
40年以上、国内外の最先端産業及び幅広い産業部門に製品を供給した経験と技術を保有している企業
核心産業の高機能性製品を生産するために持続的な技術の向上と研究開発に注力する企業
製品生産システムのほか、設備/金型の独自の設計と製作技術を保有している企業
持続的な事業分野の拡大と未来の成長動力を確保するために準備する企業
スーパーエンジニアリングプラスチック最先端素材/部品生産専門業者、サンアフロンテック

環境経営

自然環境と人間尊重を最も大切にする企業
低炭素グリーン成長を実現するために最善の努力を尽くしています。
サンアフロンテックは、低炭素グリーン成長を実現するために、環境との調和を優先とする事業戦略の推進で未来の成長動力を創出し、信頼できる企業になるために最善の努力を尽くしています。全社員が環境方針に従って関連の目標を設定し、実践し、環境を企業運営の基本理念として設定して、持続可能な環境経営を実現します。

環境経営

自然環境と人間尊重を最も大切にする企業低炭素グリーン成長を実現するために最善の努力を尽くしています。 サンアフロンテックは、低炭素グリーン成長を実現するために、環境との調和を優先とする事業戦略の推進で未来の成長動力を創出し、信頼できる企業になるために最善の努力を尽くしています。全社員が環境方針に従って関連の目標を設定し、実践し、環境を企業運営の基本理念として設定して、持続可能な環境経営を実現します。
組織の活動、製品及びサービスに対して、環境に配慮した
思考と行動で対内外の環境法規及び顧客の要求事項を遵守

組織の活動、製品及びサービスに対して、環境に配慮した思考と行動で対内外の環境法規及び顧客の要求事項を遵守

環境汚染の防止と持続的な環境改善のための
環境目標を樹立し、実践及び成果を測定

環境汚染の防止と持続的な環境改善のための環境目標を樹立し、実践及び成果を測定

顧客、利害関係者と全社員が共有し、自然と
人間が共に生きていく、明るくて清潔な企業つくり

顧客、利害関係者と全社員が共有し、自然と人間が共に生きていく、明るくて清潔な企業つくり

倫理経営

透明な企業経営と健全な企業倫理の確立 サンアフロンテックは、透明な企業経営と健全な企業倫理の確立に合理的な経営活動を追求しながら、これを用いた企業のすべての利害関係者(全社員、顧客、パートナー、株主、地域社会など)の企業価値を極大化するために持続的に努力しています。経営陣は、責任経営を通じて透明な支配構造を構築することにより、持続可能な経営の基礎を固めています。

倫理経営

透明な企業経営と健全な企業倫理の確立 サンアフロンテックは、透明な企業経営と健全な企業倫理の確立に合理的な経営活動を追求しながら、これを用いた企業のすべての利害関係者(全社員、顧客、パートナー、株主、地域社会など)の企業価値を極大化するために持続的に努力しています。経営陣は、責任経営を通じて透明な支配構造を構築することにより、持続可能な経営の基礎を固めています。

CODE OF ETHICS

Transparent corporate management

サンアフロンテックの倫理綱領

サンアフロンテックは、「創意と革新で未来を創造する企業」と「顧客が信頼する高技術力の製品を生産する企業」という経営理念の下で人材と技術をベースに、最高の製品とサービスを提供し、模範的な企業経営を介して、人類社会に希望と豊かな価値を創出して、自由市場経済秩序の尊重と公正で透明な企業経営を基に、すべての利害関係者と共同の利益を追求することにより、世界的な超一流企業として成長と発展していくことができるという信念を持って「サンアフロンテックの倫理綱領」を次のように制定して、私たちの行動と価値判断の基準としようとする。

第 1 章 顧客に対する責任と義務

顧客の利益を最大化できる価値を創造して、顧客の立場で経営活動をすることにより、顧客の確固たる信頼を得られるように努力する。

顧客の尊重

顧客満足のため、常に顧客の意見に耳を傾け、顧客を
経営活動のすべての判断と行動の最優先の価値とする。
顧客満足のため、常に顧客の意見に耳を傾け、顧客を経営活動のすべての判断と行動の最優先の価値とする。

顧客のための価値提供

① 技術開発と品質向上に絶え間ない関心と努力を尽くして
最高の品質とサービスを提供することにより、
顧客のニーズとに応えることができる価値を創造する。
② 顧客の正当な要求には迅速、的確に対応して
顧客との約束は必ず守る。
① 技術開発と品質向上に絶え間ない関心と努力を尽くして最高の品質とサービスを提供することにより、顧客のニーズと期待に応えることができる価値を創造する。
② 顧客の正当な要求には迅速、的確に対応して顧客との約束は必ず守る。

顧客の利益保護

顧客の事前の同意なしに、顧客に関連する情報を
他人に漏洩したり、または他の用途に使用しないし、顧客
の財産と名誉を守るために最善の努力をする。
顧客の事前の同意なしに、顧客に関連する情報を他人に漏洩したり、または他の用途に使用しないし、顧客の財産と名誉を守るために最善の努力をする。

第 2 章 公正な競争と取引

私たちは、市場経済秩序と経済上の自由と創意を尊重することを基本で自由競争の原則及び公正取引の原則に沿って正当な方法で競争優位を確保し、公正かつ透明な取引を通じて相互信頼と協力関係を構築し、また、すべての法規と社会の基礎的価値秩序を忠実に遵守する。 私たちは、市場経済秩序と経済上の自由と創意を尊重することを基本で自由競争の原則及び公正取引の原則に沿って正当な方法で競争優位を確保し、公正かつ透明な取引を通じて相互信頼と協力関係を構築し、また、すべての法規と社会の基礎的価値秩序を忠実に遵守する。

公正な競争の追求

公正競争の原則によって経営革新と技術開発を
ベースに製品やサービスの質を向上させ、正々堂々と
善意の競争をして商道義に外れた不当たり
不公正な方法では、利益を取らない。
公正競争の原則によって経営革新と技術開発をベースに製品やサービスの質を向上させ、正々堂々と善意の競争をして商道義に外れた不当たり不公正な方法では、利益を取らない。

法規の遵守

すべてのビジネスと営業活動は、当該国家と地域社会の
諸法規と社会通念を徹底的に遵守して、公正で
透明な取引慣習を尊重して遂行する。
すべてのビジネスと営業活動は、当該国家と地域社会の諸法規と社会通念を徹底的に遵守して、公正で透明な取引慣習を尊重して遂行する。

透明経営

すべての業務を透明な基準によって処理して、
顧客から信頼される企業文化を定着させる。
すべての業務を透明な基準によって処理して、顧客から信頼される企業文化を定着させる。

第 3 章 株主尊重

堅実な経営活動を通じて安定的利益を実現することにより、株主の投資収益を保護し、経営情報を誠実に公開して株主との相互信頼関係を構築していく。

株主の利益を保護

株主の知る権利と正当な要求と提案を尊重し、職務上取得した内部または他企業の
情報を利用して、株式など有価証券に関する取引をしない。
株主の知る権利と正当な要求と提案を尊重し、職務上取得した内部または他企業の情報を利用して、株式など有価証券に関する取引をしない。

経営情報の公開

株主に経営内容、事業活動状況等の企業情報は、関係法令に従って適切な時期と方法を
選択して誠実に公開して、会計資料の処理と報告は当該国家の
会計関連規定や国際会計基準を遵守する。
株主に経営内容、事業活動状況等の企業情報は、関係法令に従って適切な時期と方法を選択して誠実に公開して、会計資料の処理と報告は当該国家の会計関連規定や国際会計基準を遵守する。

第 4 章 社会との共存

社会的責任の一環として、社会が求める役割と義務を誠実に遂行し、地域社会との調和と協力、共存共栄を追求していく。

社会的義務の履行

永続的な企業活動を通じて雇用を創出し、社会の安定的成長の土台の上に事業の増大を
図りながら、誠実な租税納付を介して企業市民としての社会的責任を果たす。
永続的な企業活動を通じて雇用を創出し、社会の安定的成長の土台の上に事業の増大を図りながら、誠実な租税納付を介して企業市民としての社会的責任を果たす。

社会的責任

人間の尊厳性を実現させることができる社会奉仕、災害救援、社会啓蒙活動などの
社会貢献活動に持続的な関心と愛情を持って誠実に遂行していけるように努力する。
人間の尊厳性を実現させることができる社会奉仕、災害救援、社会啓蒙活動などの社会貢献活動に持続的な関心と愛情を持って誠実に遂行していけるように努力する。

第 5 章 役員・職員の責任と義務

全社員は、会社の経営理念目標値に共感し、誠実かつ公正に担当の職務に臨んで、健全な価値観の確立のために自己啓発に絶えず努力して結束力のある社内の人間関係や職場環境が造成されるように努力する。

1. 基本倫理

① 会社の全社員は、(株)サンアフロンテック構成員としての誇りと自負心を持ち、常に正直で誠実な姿勢を堅持して、会社の経営理念とビジョンを 達成できるように努力する。
② 全社員は人間の尊厳性という基本的価値を尊重し、常に学ぶ姿勢、会社の利益を優先する姿勢と率先垂範する姿勢を堅持しながら、 会社の業務に臨むべきである。
③ 全社員は高い倫理敵価値観を持って、個人の品位と会社の名誉を維持できるように、常に努力する。
④ 全社員は会社の許可なしに、他の企業の職務を兼ねたり、又は私意の企図を目的とする営利事業に従事していけない。
⑤ 全社員は安全で快適な作業環境を維持するために努力する。

2. 公正な職務遂行

① 会社の政策と方針に基づいて、与えられた権限と責任を明確に認識して職務を遂行し、その結果に責任を負う。
② 担当業務が諸般法規、社内規定や公益に反する場合は、直ちに所定の手順に基づいて申告する。
③ 関連部署間での積極的な協力と円滑な意思疎通に業務の成果と効率を高める。
④ 業務と関連した一切の金品、ギフト、接待の授受および外部請託など以下のような行為をしてはならない。

利害関係者からの謝礼を受ける行為:金品授受、接待、借用、負債償還・保証、金銭貸借及び将来の保障など
取引先への不当資本参加:上場・非上場株式授受や投資、共同投資、共同資産取得等
協力会社選定の透明性欠如:不公正な機会の付与、不公正取引行為、サプライヤーの情報流出など
会社の資産の不法・不当使用:有・無形資産の他の用途に使用、公金横領や流用など
文書・係数の操作と虚偽の報告:文書、係数の操作および変調、虚偽報告行為など
その他:職務怠慢、管理監督不十分、過剰、品位の損傷など

3. 会社の財産の保護と顧客と社内情報漏洩行為の禁止

① 会社の財産を次のように業務上の目的以外の用途に個人的な使用をしてはいけない。
     - 会社の資産の不法・不当使用:有・無形資産の他の用途に使用、公金横領や流用など
② 業務の遂行中、知り得た顧客と会社の情報や機密情報を、顧客や会社の同意なしに外部に流出する行為を禁じる。
③ 当該協力会社の機密に属する情報は、社内外の認可されていない人に公開する行為を禁じる。

4. 社員相互間の倫理

① 基本的な礼儀をもとに、お互いを理解し、協力して快適な職場になるように努力する。
② 学歴、性別、宗教、血縁、出身地域などによる一切の派閥造成や差別を禁じる。
③ 全社員相互間の不当な勧誘や金銭取引行為と個人的な金品授受行為は組織力の弱体化や個人破産などの重大な損失を招くことがあるので、一切の行為を禁止する。ただし、相互扶助の精神に立脚し、社会通念上認められる範囲内で行われる軽い社員相互間扶助やギフト授受は例外とする。
④ 上司の業務上の指示は、最善を尽くして履行するよう努力する。しかし、これらの指示が明らかに違法・不当な場合には、これを拒絶することができ、 その指示の形態が是正されないときは、内部申告手続きに基づいて申告することができる。また、会社は、申告者にこれを理由に一切の身分不利益を加えてはいけない。
⑤ 個人の人権を侵害して、職場内の雰囲気を阻害することができるセクハラ、汚い、その他社会通念上恥を刺激することができると 判断される一切の行為をしてはいけない。

5. 自己啓発

望ましい人材像を自ら確立し、絶え間ない自己啓発を通じて人材像に合致するように着実に努力する。

6. 蛇行性行為の禁止

全社員は、社会通念上、健全な社会人としての品位を損傷させる蛇行性の行為は避けるべきである。ただし、社会通念に準じた、わずかな金額の単純な遊びに過ぎない場合は除く。

第5章 役員・職員の責任と義務

全社員は、会社の経営理念目標値に共感し、誠実かつ公正に担当の職務に臨んで、健全な価値観の確立のために自己啓発に絶えず努力して 結束力のある社内の人間関係や職場環境が造成されるように努力する。

1. 基本倫理

① 会社の全社員は、(株)サンアフロンテック構成員としての誇りと自負心を持ち、常に正直で誠実な姿勢を堅持して、会社の経営理念とビジョンを 達成できるように努力する。
② 全社員は人間の尊厳性という基本的価値を尊重し、常に学ぶ姿勢、会社の利益を優先する姿勢と率先垂範する姿勢を堅持しながら、 会社の業務に臨むべきである。
③ 全社員は高い倫理敵価値観を持って、個人の品位と会社の名誉を維持できるように、常に努力する。
④ 全社員は会社の許可なしに、他の企業の職務を兼ねたり、又は私意の企図を目的とする営利事業に従事していけない。
⑤ 全社員は安全で快適な作業環境を維持するために努力する。

2. 公正な職務遂行

① 会社の政策と方針に基づいて、与えられた権限と責任を明確に認識して職務を遂行し、その結果に責任を負う。
② 担当業務が諸般法規、社内規定や公益に反する場合は、直ちに所定の手順に基づいて申告する。
③ 関連部署間での積極的な協力と円滑な意思疎通に業務の成果と効率を高める。
④ 業務と関連した一切の金品、ギフト、接待の授受および外部請託など以下のような行為をしてはならない。

利害関係者からの謝礼を受ける行為:金品授受、接待、借用、負債償還・保証、金銭貸借及び将来の保障など
取引先への不当資本参加:上場・非上場株式授受や投資、共同投資、共同資産取得等
協力会社選定の透明性欠如:不公正な機会の付与、不公正取引行為、サプライヤーの情報流出など
会社の資産の不法・不当使用:有・無形資産の他の用途に使用、公金横領や流用など
文書・係数の操作と虚偽の報告:文書、係数の操作および変調、虚偽報告行為など
その他:職務怠慢、管理監督不十分、過剰、品位の損傷など

3. 会社の財産の保護と顧客と社内情報漏洩行為の禁止

① 会社の財産を次のように業務上の目的以外の用途に個人的な使用をしてはいけない。
- 会社の資産の不法・不当使用:有・無形資産の他の用途に使用、公金横領や流用など
② 業務の遂行中、知り得た顧客と会社の情報や機密情報を、顧客や会社の同意なしに外部に流出する行為を禁じる。
③ 当該協力会社の機密に属する情報は、社内外の認可されていない人に公開する行為を禁じる。

4 . 社員相互間の倫理

① 基本的な礼儀をもとに、お互いを理解し、協力して快適な職場になるように努力する。
② 学歴、性別、宗教、血縁、出身地域などによる一切の派閥造成や差別を禁じる。
③ 全社員相互間の不当な勧誘や金銭取引行為と個人的な金品授受行為は組織力の弱体化や個人破産などの重大な損失を招くことがあるので、一切の行為を禁止する。ただし、相互扶助の精神に立脚し、社会通念上認められる範囲内で行われる軽い社員相互間扶助やギフト授受は例外とする。
④ 上司の業務上の指示は、最善を尽くして履行するよう努力する。しかし、これらの指示が明らかに違法・不当な場合には、これを拒絶することができ、その指示の形態が是正されないときは、内部申告手続きに基づいて申告することができる。また、会社は、申告者にこれを理由に一切の身分不利益を加えてはいけない。
⑤ 個人の人権を侵害して、職場内の雰囲気を阻害することができるセクハラ、汚い、その他社会通念上恥を刺激することができると判断される一切の行為をしてはいけない。

5 . 自己啓発

望ましい人材像を自ら確立し、絶え間ない自己啓発を通じて人材像に合致するように着実に努力する。

6 . 蛇行性行為の禁止

全社員は、社会通念上、健全な社会人としての品位を損傷させる蛇行性の行為は避けるべきである。ただし、社会通念に準じた、わずかな金額の単純な遊びに過ぎない場合は除く。

第 6 章 役員・職員に対する責任

サンアフロンテックは、全社員の人間の尊厳と各自の基本権を最大限に尊重し、能力と業績に応じて公平に扱うし、全社員の創造的思考と自律的行動を奨励する。

人間尊重

① 会社は、人に対する信頼と真の愛情を持って社員一人一人を独立した人格として扱う。
② 会社は、社員を会社の最も貴重な資産で思い、社員が当事者意識を持って仕事を
通じ誇りとやりがいを達成できるように働いて、勤務及び教育体系を確立する。
① 会社は、人に対する信頼と真の愛情を持って社員一人一人を独立した人格として扱う。
② 会社は、社員を会社の最も貴重な資産で思い、社員が当事者意識を持って仕事を通じ誇りとやりがいを達成できるように働いて、勤務及び教育体系を確立する。

公正な待遇

① 会社は、社員の能力と資質に応じた平等な機会を与え、公正な基準を適用し、
評価して正当に補償することにより、公正な競争を通じて一緒に発展する風土を造成する。
② 会社は、雇用、業務、昇進等において性別、宗教、年齢、身体条件、学縁、
遅延などを理由に差別しない。
① 会社は、社員の能力と資質に応じた平等な機会を与え、公正な基準を適用し、評価して正当に補償することにより、公正な競争を通じて一緒に発展する風土を造成する。
② 会社は、雇用、業務、昇進等において性別、宗教、年齢、身体条件、学縁、遅延などを理由に差別しない。

自律と創意を尊重

① 会社は、社員の独創的思考と自律的行動が促進できる与件を最大限に造成する。
② 会社は、社員の提案や苦情を自由に表示する雰囲気を造成し、
そのために必要な制度を設ける。
① 会社は、社員の独創的思考と自律的行動が促進できる与件を最大限に造成する。
② 会社は、社員の提案や苦情を自由に表示する雰囲気を造成し、そのために必要な制度を設ける。

円滑なコミュニケーション

① 会社は、会社が追求する経営理念と目標を明確に提示して、すべての社員が
これを共感して実践できるようにする。
② 会社は、全社員を会社の最も貴重な資産で思い、全社員が主人意識を持って仕事を通じて
誇りとやりがいを達成できるように勤務、教育体系を確立する。
① 会社は、会社が追求する経営理念と目標を明確に提示して、すべての社員がこれを共感して実践できるようにする。
② 会社は、全社員を会社の最も貴重な資産で思い、全社員が主人意識を持って仕事を通じて誇りとやりがいを達成できるように勤務、教育体系を確立する。

第 7 章 倫理綱領遵守義務

すべての役員は、倫理綱領を遵守すべきであり、役員と管理者は、所属職員が倫理綱領を遵守するように教育及び管理する責任がある。

すべての役員・職員は、倫理綱領を熟知して誠実に遵守しなければならず、これに違反する場合、懲戒処分を受けるなど、当該行為の責任を負う。すべての役員は、倫理綱領を遵守及び管理する責任がある。

倫理綱領に違反する行為を強要されたり、認知した場合には、内部申告の手順に従って申告し、そのような疑問が生じる行為は、事前に他の上司や役員と協議した後の措置である。

倫理綱領違反行為発生時、徹底原因究明と教育を通じて再発を防止する。すべての役員は、倫理綱領を遵守しなければならず、管理者は、所属職員倫理綱領を遵守するように教育し、管理する責任がある。

社会貢献

あなたと私...そして、皆! 困難は互いに分け合うほど小さくなって幸せを互いに分け合うほど大きくなります。
サンアフロンテックは、美しい世界、幸せな心で共に生きる社会を実現するために努力しています。
(株)サンアフロンテックは、美しい世界、幸せな心で共に生きる社会を実現するために全社員は、社会的責任を誠実に遂行しています。 会社と社員は、互いに一つになって、社会奉仕活動を積極的に奨励して参加を誘導するために様々な活動を展開しています。“あなたと私...そして、皆!困難は互いに分け合うほど小さくなって幸せを互いに分け合うほど大きくなる。”という、社会貢献の理念に基づいて、今後も(株)サンアフロンテックは、企業の社会的責任を果たすために努力していきます。

Social Contribution

あなたと私...そして、皆! 困難は互いに分け合うほど小さくなって幸せを互いに分け合うほど大きくなります。サンアフロンテックは、美しい世界、幸せな心で共に生きる社会を実現するために努力しています。 (株)サンアフロンテックは、美しい世界、幸せな心で共に生きる社会を実現するために全社員は、社会的責任を誠実に遂行しています。会社と社員は、互いに一つになって、社会奉仕活動を積極的に奨励して参加を誘導するために様々な活動を展開しています。“あなたと私...そして、皆!困難は互いに分け合うほど小さくなって幸せを互いに分け合うほど大きくなる。”という、社会貢献の理念に基づいて、今後も(株)サンアフロンテックは、企業の社会的責任を果たすために努力していきます。

仁川UTD blue heart race campaign 参加

従業員団体献血実施

'愛のカタツムリ' 後援協約締結

仁川血液院生命分かち合い献血約定締結

サンアの愛の会の保育施設訪問

Copyright ⓒ SFTC. All Rights Reserved.